メニュー

店長あいさつ

店長と志水さんの2ショット
『煮干いりこ屋』店長の原一也(左)と「しみず水産」の志水貴海さん(右)

この度はオンラインショップ『煮干いりこ屋』にご来店いただきまして、誠にありがとうございます。
私が「煮干いりこ屋」の店長、原 一也です。

私の故郷、長崎県松浦市福島町の煮干いりこを、是非たくさんの人に知っていただきたく、この度オンラインショッピングを始めました。


実は、『煮干いりこ屋』の生産者である志水貴海さんは、私の二つ上の先輩で、幼少の頃から一緒に遊んでいた兄貴みたいな存在の人です。福島という島は、小さな島なので、年がちかければみんなが仲間。一緒に海で泳いだり、サッカーや野球をして遊んでいたものです。

現在私は福岡市に住んでいます。福岡市から1時間半程で福島に帰れるので、たまに福島に里帰りをします。
そんな時、たかみ君の漁船の横を通る度に常々思っていた事があったので、たかみ君に聞いてみました。
「なんで、こんなにいい煮干いりこを獲っているのに、漁協にだけ販売して、一般のお客様に販売してないの?長崎県は煮干いりこの漁獲高日本一だよね。それに、福島で獲れた煮干いりこはかなり高額で漁協が買い取ってくれるんでしょ?」・・と。
そしたら、たかみ君から思ってもいない言葉が返ってきました。
「地元の人には、少し販売しているけど、実はインターネットを使って、日本中の人に福島の煮干いりこを食べて欲しいと思っているんだよね。だけど、漁が忙しくてホームページを作成したり、運営したりする時間がないんだよね。
そういえば、一也(店長)そんなの(ホームページを作成したり、運営したりする事)得意だよね?やってよ!!」

その時、なぜか「あっやってみたい!!」と心の底から熱いものがふつふつと湧き上がってきました。
そして、やるからには、本気でやろう。本気で日本中の人に福島の煮干いりこを食べてもらおう。そして、「おいしかった!!」と言ってもらおう!と心に決めました。

当店、『煮干いりこ屋』の煮干いりこは、本当に、本当においしいですよ。私も自信を持ってお届け致します。

お客様も是非この『煮干いりこ屋』の煮干いりこをお試しください。
本当においしいですよ。

「煮干いりこ屋」店長 原一也

楽天ID決済 メルマガ登録

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

あんしんクレジットカード決済システム
当店のクレジットカード決済は、(株)Eストアーの「あんしんクレジットカード決済システム」を導入しています

ページトップへ