コラム

だしをとった後のいりこを活用|いりこの通販|

新鮮なカタクチイワシをゆで、乾燥させて作るのが一般的ないりこです。主にだしとして使用されますが、その後のいりこはどうしていますか?出し殻にも食物繊維やミネラルといった栄養が残っているため、すぐに捨ててしまうのはとても勿体無いです。

こちらではいりこのだし殻の活用法をご紹介します。是非、栄養満点ないりこを最後までご活用ください。

■ アレンジ料理として

きんぴらごぼう

いりこのだし殻は、アレンジ料理に活用できます。例えば、きんぴらごぼうに混ぜる方法があります。煮干しの風味がプラスされ、カルシウム摂取もバッチリです。さらに細切りにすればより食べやすくなります。また、醤油や砂糖、みりんで煮込み、甘辛風にすると子どものおやつにぴったりです。

健康的な生活のためにはカルシウムが欠かせません。しかし現代は食の欧米化が進み、カルシウム不足が叫ばれています。こうしたいりこのおやつはカルシウム補給に役立ちます。その他にもふりかけや混ぜご飯など、使い道はたくさんあります。

■ 肥料として

畑

植物の成長にはミネラルが欠かせません。だからこそ、一般的な肥料にはミネラルが含まれているのです。そして、いりこのだし殻にもリンやカルシウムといった栄養が残っているため、ミルミキサーなどで細かくすれば肥料として活用が可能です。

土の上に撒くとハエを呼び寄せる恐れがあるので、土の中に埋めて使う点がポイントです。小さな金額かもしれませんが、長年続けることで大きな費用削減に繋がります。いりこのだし殻など、使えるものは有効活用することをおすすめします。

おやつにもおすすめ、いりこを通販でお探しなら

当店の通販では添加物を一切使用しない煮干いりこを販売しています。食べるいりこ、だしいりこの500g、1kg、3kgがございます。いりこをお探しの方は当店の通販をご利用ください。サイトではおいしいだしの取り方やレシピなども紹介しております。また、業務用などもご用意していますので、お得用をお探しの方も是非ご利用ください。

楽天ID決済 メルマガ登録

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

あんしんクレジットカード決済システム
当店のクレジットカード決済は、(株)Eストアーの「あんしんクレジットカード決済システム」を導入しています

ページトップへ